ホーム » 「査定ポイント」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: 査定ポイント

襟の状態は着物の査定ポイントになります

祖父母や親戚などに普段から和装をする人がいた場合、要らなくなった着物を譲ってもらうことがあります。
今でこそ和装をする人は少数派となってきてはいますが、それでも結婚式やパーティ、お茶会、あるいはお正月など、和装が活躍するシーンは多いものです。
和装を普段から着こなしている人であれば、沢山所有しているものを季節やシーンによって使い分けていますが、特別な日にしか着ないとなると、どうしても手元に沢山あっても持て余してしまいます。
着るときまで箪笥に入れてとっておくという事もできますが、定期的に虫干しなどをしておかないといざ着るときに虫喰いで穴が開いてしまっていたり、シミやカビなどができてしまっている事があります。
特に襟元などは汚れのつきやすい部分ですし、長く着ているものは襟の生地が傷んでしまっている物もあります。
こうした着物も、着るものは残しておいて、不要なものは買取店に売却してしまうと有効に活用することができます。
しかし、買取される金額は、状態によっても大きく変わってくるので、査定ポイントとなる場所を予め抑えておいて、少しでも高く売れるようにしておくことが大切です。
襟の汚れなどは落とせるものであれば少しでも綺麗にしておくだけで査定の印象が変わりますし、傷みがひどいものは査定の前にきちんと伝えておくとスムーズです。襟が汚れてしまっている、あるいは襟元や裾、袖などに傷みがあるものは、買取に出しても大した金額にならないと諦めてしまう人もいます。
確かに状態が良い物に比べると査定の額は下がってしまいますが、それでも着物自体が作家物などで上質な場合、十分に買取の対象になります。
当然高い査定額を求めるのであれば、普段からの管理も重要になります。
シミや汚れなどがついてしまった時にはできるだけ早めにクリーニングに出しておくと落とすことができますし、古いものでもきちんと管理しておいたものであれば思わぬ金額で買取される事もあります。
また、買取を依頼するときには一着だけでなく複数の物をまとめて売ることで査定ポイントのアップにつながります。
一着ではそれほど高い査定額にならなくても、沢山あればそれだけで査定額を上げられる可能性が高くなります。
また、着物だけでなく和装小物が揃っているというのも重要な査定ポイントです。帯や履物、髪飾りなどの中には高級品が紛れている事もあるので、忘れずに査定を依頼しておくとよいでしょう。
また、査定のポイントは店によっても異なる場合もあるので、それぞれの店の「査定ポイント」をしっかりチェックするならランキングサイトや口コミサイトを参考にするのがおすすめです。